Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死んでも離れない」(笑)

こんにちは

雨の此処地方です。
雲が低いのでだいぶ暗いですが気温は低くありません。
(正午で12度ほど)
雨の中、それでもデジカメを持って外に出ると・・・

アイビーの白さが目を引きました。
DSCN0662_convert_20160106113348.jpg
このアイビーは「白雪姫」
名前が覚えやすくてインパクトがあったのと、
価格がかなり高かったので(@ ̄□ ̄@;)!!覚えています。
夏は悲しいかな、普通の緑色。
でも冬はこのようにほとんど真っ白になります(^^♪

玄関を出て右の小さなコーナーに植えられています。
DSCN0663_convert_20160106113235.jpg
右に写る小さなモミジの木(落葉中)の根元に・・・
成長はとてもゆっくりです。

庭のほかのアイビー

こちらの寄せ植えに絡ませた
DSCN0665_convert_20160106113150.jpg 
変形葉のもの
DSCN0666_convert_20160106113135.jpg 


こちらの寄せ植えには薄いグリーンのタイプ
DSCN0676_convert_20160106113012.jpg 
この色はとても好きです。

トキワマンサクの根元に植えたハート形の葉のもの
DSCN0672_convert_20160106113030.jpg 

こちらはクリーム色の覆輪タイプ
DSCN0667_convert_20160106113118.jpg 
いつの間にかヤマボウシに絡まっています。
いい雰囲気だからとそのままにしています。
これ以上はのぼっていかないように、先端を切り取りました。


こちらは早く壁から撤去しようと思っている中斑タイプ
DSCN0668_convert_20160106113045.jpg
でも、壁に絡まるアイビーって好きなんですよね・・・(;^ω^)

道路から玄関までの階段脇
DSCN0664_convert_20160106113209.jpg
年末に大幅カットしました。今はいいしだれ具合(*^_^*)
年4回ほど「散髪」します。
「真っすぐ整えすぎないように」って、子供の前髪と同じ要領(笑)


庭作りを始めたころアイビー集めをしたことがあり
その「生き残り」たちです。

家の中に戻ってからアイビーについてPCで見てみたら
その生きざまよりも何よりも「花言葉」が面白かったです。

友情
死んでも離れない
破綻のない結婚
永遠の愛
不死
誠実
不滅


いや、死んだら離れてください・・・
薄情かしらワタシ(笑)



応援よろしくお願いします           




スポンサーサイト

Comment

同じ(笑) 

私もアイビーは白雪姫だけ名前を覚えています。
理由はやっぱり高かったから。
少し広がった姿を見てこれでいくら分だろうと、
つい最近思ったばかりです(笑)
白い時期はすごく綺麗ですよね♪

ヤマボウシと壁に絡まるアイビー、階段脇を彩るアイビー
とっても素敵です。
花言葉は、アイビーの丈夫な生態、そのままな感じで面白いですね!
「絡みつく」も加えてほしい(笑)

コスモスさん、散髪がお上手♪










  • posted by バラ美 
  • URL 
  • 2016.01/07 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

バラ美さんへ 

「白雪姫」そうですよね。高いです。広がっていくら分・・・というのは宿根草関係だと特に思ってしまいます(笑)グラス類とか。
反対に、高くて悩んだ末に買ったのが翌週には大幅値下げとかになっているのを見ると、何とも言えない悲しみが( ;∀;)

そんなこんなで、小さく買って大きく育てるのが、やっぱり楽しいです?!

バラ美さんに書いていただいて、やっぱりアイビーは「絡んでなんぼ」だなあと思いました!いろいろ絡ませてみまーす(笑)
  • posted by コスモス 
  • URL 
  • 2016.01/07 06:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログランキング

file:///C:/Users/OWNER/Desktop/a_01.gif

プロフィール

コスモス

Author:コスモス
南国でちまちまと庭づくりをしています。
家族もみんな花が好き。
庭を通じて皆さんと、
生き物たちとも仲良くなれるといいな。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。